• 作者の藤井錦彩(ふじい きんさい)は1976年、日本磁器発祥の地、佐賀県有田町に生まれる。陶芸の道を志、有田焼の人間国宝・井上萬二氏や現代の名工・川原留雄氏・金武自然氏 など各界の第一人者に師事する。手造り・手描きの心を大切にし、有田焼の伝統に現代感覚を調和させた美意識と感性の世界を造り独自の作風を切り拓いていま す、各展覧会では栄えある賞を数多く受賞し、作品は著名美術館にも収蔵されています。また、全国各地の美術館や百貨店で個展が開催され美術愛好家がつめか けています。有田焼の長い歴史と伝統に裏打ちされた技術で手ロクロを回し、研ぎ澄まされた技でいっさいの妥協を排して製作された本 作品は、日本の伝統工芸の素晴らしさを実感できる珠玉の逸品です。土の伸び味・口当たり・手触り・使いやすさにこだわり、使う人の身になった「用の美」を テーマに手造り、手描きの心を伝えたい・・・。こんな想いで和食器が誕生しました。また、お祝いの品としても大変喜ばれ、贈る場面を選ばず、贈答品、法人 ギフト、などの記念品としても最適で、世界の各国主賓への贈呈品としても重宝されている逸品です。
  • 天目とは、黒い釉薬のことです。中国浙江省にあった天目山の寺院で使われていたその茶碗を、鎌倉時代に中国に渡った日本の禅僧たちが帰国の際に持ち帰り、 やがてこれを天目山にちなんで日本では「天目」と呼ぶよになったのが名前の由来とされています。華美な美しさは陰を潜めていて、深い黒色の幽玄世界があり、茶道の世界で天目は最も珍重されています。天目の磁肌の上に独自の技法で艶消しのプラチナを焼付けています。有田焼の伝統に現代感覚を融合させた贅沢な作品です。 ■プラチナ彩とは、1300度で焼成した白磁の上にプラチナで彩色して、800度でプラチナを焼付けた藤井錦彩独自の技法です。焼付けられたプラチナは表面に微妙な陰影を表現しています。光があたる角度や、見る角度によりプラチナの光沢が変化し絶えず輝き続けます。有田焼の伝統に現代感覚を融合させた贅沢な作風です。
  • 鯉・中国では黄河の急流にある龍門という滝を昇り鯉は龍になるといわれ、飛躍や立身出世のシンボルとして尊重されています。その概念は日本に伝わり江戸時代の終わりごろからは、子供の健やかな成長や立身出世を願い端午の節句に鯉のぼりが上げられるようになりました。鯉の文様は古くより蒔絵や陶磁器など多種多様にその意匠は用いられて愛好されています。鯉の気高い美しさで大変縁起が良い人気の吉祥文様です。
  • サイズ・高さ9.4cm 径11.7cm 口径8.7cm■2個ペアセット■有田焼の陶芸作家の手造りの作品です。※手造りの為、寸法・色彩など若干異なることがあります。木箱の中に藤井錦彩の作陶歴と販売元を明記したカードをお入れしてお届けしております。送料無料!熨斗・ギフト・木箱 の蓋裏面への文字入れ承ります(記念品などの贈り物の際にご利用下さい)・作品は黄布に包み木箱(桐箱)に入れてお届けします。
  • 贈答品や記念品など皆様にご利用頂ける商品をご用意しております。商品は、日本各地の有名ホテルや料亭などの調度品や業務用陶器、官公庁・都市銀行・法人様などの御贈答品また、世界の各国主賓への贈呈品としても重宝されている逸品を取り揃えており、海外の王宮の室内装飾品など幅広い納入実績を誇っています。

商品の説明

手ロクロで成形し、手描き、素焼、本窯、赤絵窯の順で絵付を施しては焼き、施しては焼き、という複雑な工程を経て制作されており、いくつもの高度な技を完璧にこなして初めて、比類なき陶芸作品が完成します。有田焼400年の長い歴史と伝統に裏打ちされた技術で制作された確かな作品を厳選してご紹介しておりますので、どうぞ安心してお買い物をお楽しみください。■作品にご興味を持たれましたら、まずは藤井錦彩窯までお問合せください。ご不明な点や作品の説明等詳細をご案内させていただきます。どうぞお気軽にお問い合せ下さい。■藤井錦彩窯・電話0955-46-4328

有田焼 陶芸家 藤井錦彩 総手描き 天目釉プラチナ彩流水鯉絵マグカップ ペアセット 伝統工芸 桐箱入り

国内だけでなく海外や地域に広がるネットワークを活かし、グローバルに事業を展開しています。

  • サイネットの技術

    最先端遺伝子技術による有用植物の機能解析利用法を分かりやすく説明します。

  • 有田焼 陶芸家 藤井錦彩 総手描き 天目釉プラチナ彩流水鯉絵マグカップ ペアセット 伝統工芸 桐箱入り

    「エストロゲンって、なに?」人間の身体に大切なエストロゲンの働きについて説明します。